So-net無料ブログ作成
検索選択

東西南北隅に立て!その23 ごらんあれが竜飛岬 [再投稿]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年5月14日 曇時々雨。

朝は晴れていた。と言うか太陽はとりあえず出てた。
R280に乗り竜飛岬を目指す。
FH000039(1).JPG

雨が降るたび雨宿り。
FH000042.JPG
FH000041.JPG
合羽を着る気無し。

トンネル入り口って言われても
FH000043.JPG
北海道逆戻り(笑)、その前に入れないか。

FH000044.JPG

R339に乗りいよいよ竜飛。これなんだよ?
FH000045.JPG
階段って・・・

竜飛岬に着いたんだが風がとてつもなく強いので観光は明日にしてさっさと宿に入る。
FH000046.JPG

宿のテレビ、北海道のチャンネルしか入らないぞ・・・







nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

親知らず

面白い。
霧笛といい、階段の国道といい、竜飛岬に行ったような疑似体験。
霧笛の動力の説明が専門的すぎて分からない所がまた面白い。
by 親知らず (2014-07-20 08:31) 

pn

親知らずさん
あ、ほんとだ。中々マニアックな説明ですね(^_^;)
by pn (2014-07-24 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: