So-net無料ブログ作成
検索選択

東西南北隅に立て!その59 それでも人はそこに居る [再投稿]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年6月18日 晴れ後曇り?。

FH010029.JPG

川原を出て野母半島(と言うかは知らんが)を回りR34に乗る。
途中の権現山展望公園で休憩中、じーさんが二人居たのだが、私の方を見ながら「こんなバイクもう無くなっちまうんだろ」「自衛隊が海外行ったらみんな持っていかれちまう」

FH010030.JPG

二人は私に聞こえるように言ったのか地声が大きいのか知らんが戦中派にとって海外派兵というものは、やっぱあの頃を思い出すのであろう。
FH010031.JPG


R251に乗り換え島原半島(と言うのかは知らん)を目指す。
途中でのり弁大盛を買い、Uターン用の路肩にバイクを止め横の原っぱで食べようと思ったら灰だらけ。
火山灰である。どこかは分からないがまだ島原半島に入って無い筈なのに・・・
まいったなぁ、と思ったら何故かバイクが倒れた。
サイドスタンドがあまかった?ミラーが少し欠けてしまった。

大声で独り言を言いまくりながら弁当を平らげR57を経て再びR251で南下。
島城跡にて暫し歴史に思いを馳せる。
FH010032.JPG
悪政に立ち向かった農民たちはどんな思いだったのだろうか。

そして水無川を渡る。
水が無い、何処もかしこも灰だらけ。むやみに立ち止まらないよう看板が立っていた。
普賢岳を見上げると恐怖が身を包む。
自然より人間の気まぐれな狂気の方が怖いと思っていたがこの目で町を見てその場に居るとやはり自然の方が怖い。

人には立ち向かえるが相手は地球、マグマであり雨である。

「そう簡単には崩れんけどねー」
笑いながらガソリンスタンドのにーちゃんは言っていた、そんな遠くない所から火山性ガスが噴出しているのに・・・

灰にまみれ、ガスが吹き出ていても、それでも人はそこに居る。

生まれた町、好きな町。
いろいろ理由はあるだろうけど、ここの人にとってこの町は自分の町、生きてきた、そしてこれからも生きて行く町なんだろう。

感慨深い中、長浜海水浴場の海の家に勝手にテントを張る。雨がぱらついていたが夕日が見える。
FH010033.JPG
湿った風ではないので明日は大丈夫だろう。


自分の中の何かが変わった、そんな気がした1日だった。