So-net無料ブログ作成
検索選択

東西南北隅に立て!その61 煩悩 [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年6月20日 晴れ。

朝、テントの中で地図を見ていると次男君が顔を出しに来てくれた。
なんて礼儀正しい子なんだろう。

彼を見送り出発。少し迷ったがR208を見つけ植木へ。県道にて大津に向かう。

R57からミルクロードに入り走る。
ここいーよー、なんて思っていると寒くなってきた。標高高くなってる?
m_FH020001.jpg
m_FH020002.jpg

R212に出て、またR57に乗る。
地図によると阿蘇登山道路には「手を振るギャル」が居るらしいので行きたいのだが¥820は高すぎだろ。けど土曜日、居るんだろうなぁ・・・

そのまま熊本に向かいR3を経てR57、三角で橋を渡りR266。天草である。
m_FH020003.jpg
大矢野島の海沿いを走る。
結局鳩之釜海水浴場の海の家らしき建物の駐車場に勝手にテント設営。

ここは人気が多いのでなんか居づらい。




東西南北隅に立て!その60 ぬくもり [再投稿]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年6月19日 晴れ一時曇り。

姉にもらったヘッドホンステレオ、壊れたのか?音が変。

さて、車の音と波の音でろくに寝れず、もーろーとしながら朝日を撮る。
寝直して、起きるとAM7:50。ひさしぶりの寝坊だ。

R251、R57で諫早へ。室蘭で世話になった社長さんに天然蜂蜜を頼まれているのだが、本物の天然を探していたら帰れない気がするので早々に捜査を打ち切る。

R207に乗り、一気に佐賀へ。前回来た時工事中だった県庁を見に行く。
せっかくなので看板を撮って行こうと思ったが見つからず。まあいい、思い出の中にしまっておこう。

雲が多いので山に行かず、迷子になりつつR208で大牟田へ、そしてあっさり熊本に入る。
県境の荒尾でとっととテントを張る。護岸の上の道みたいな所の草むらである。
FH010036.JPG
有明海だからムツゴロウ漁とかしてるのかな。

ひたすら日が沈むまで眺めていたら
FH010037.JPG
地元の人に声をかけられ夕飯をご馳走になる。

が、ほか弁食べた後だったのであまり食べれず、遠慮しなくていーんだよと言われる。
風呂も入れと言われたがさすがに断った。テントじゃ寝冷えしそうだし。

6人家族の漁師さん一家、缶詰じゃない赤貝を初めて食べたって言ったら驚いてた。
住所と名前を教えてもらいテントに戻る。ああ、いいな家族って。

今日はなんかホッとしたな。