So-net無料ブログ作成

東西南北隅に立て!その68 続く痛み [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年6月29日 雨。

連泊である。
ひっさしぶりに中心街で、屋根のある宿で連泊。

もちろん観光。街に出る。
m_FH020031.jpg
熊本城発見!

たまにはいいだろ。
m_FH020032.jpg
見学
m_FH020033.jpg

が、まだ足が痛い。まいったべー、と思いながら月刊Gunとガンショップを探す。

おもちゃ屋にモデルガンは無く、本屋にGunも無い。
うーん、29日でもまだ出回ってないのか、明日だな。
と勝手に決め込みカプセルホテルに戻るのだった。

台風3号との闘いの行方は?




東西南北隅に立て!その67 命がけ [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年6月26日 雨。

起きた時は雨は振っていなかったが、クソしてさー行くべーと言う所で振ってきた。
テントを畳む前だったのでそのまま中で雨宿り。

が、止まない。

とりあえずパンを食べるのだがのどが痛くて飲み込めない。
「うぅ」っとうなりながら飲み込む。昨日のどがカラカラのままおにぎり無理やり飲み込んだのが悪かったんだろうか?

PM1:00、連泊決定。

もう食料が無いので調達に行く事に。
甘食(だっけ)とスナック菓子、1.5Lコカコーラとタバコを購入。
公衆電話が無いのでお店の電話を借りて天気予報を聞いてみると明日は70%。
明後日も雨、九州南岸に梅雨前線が停滞しているそうだ。

熊本で連泊する気だから合羽着て動いちゃおうか?




1992年6月27日 雨。

動くつもりだったのだが、足が痛くて動けない。
日本一に挑んだ体はボロボロだ。無理せず本などを読み暇を潰す。
m_FH020030.jpg

少し寝て飯食って日記を書く、明日は本気で動かないと。
けど足が痛いよー、歩けないよー、寒いよー、風呂入りてー、美味い物食いてー・・・





1992年6月28日 曇りのち雨。

蚊と戦いながらテントを畳む。
とても乾く気配無し。今度張る時はさぞや良い臭いがするであろう。

R3を北上し熊本へ。

早々にカプセルホテルに入る。

さあ、何泊するかな?







東西南北隅に立て!その66 日本一の石段 後編 [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年6月25日 曇り時々晴れ?。

最初は張り切って登りました。
m_FH020019.jpg

千段くらいは、まあなんとか。
m_FH020020.jpg

ですが先は長く
m_FH020021.jpg

へぇ~、放送されたんだ。
m_FH020022.jpg

かなりきつい二千段。
m_FH020023.jpg

この時点で日本一なのか?
m_FH020024.jpg

手すりが無いと無理な三千段。
m_FH020025.jpg

「俺は何をやっているんだ?」と思った所で
m_FH020026.jpg
ようやく終りが。

おおお登りきったぁ。
m_FH020027.jpg
時刻はPM3:00。

と思ったら
m_FH020028.jpg
お堂はさらに進むのかぁ・・・

もういーや。

で、下るのですが、実は上りより下りの方がとんでもなくキツイ。
下る瞬間ヒザに力が入らず何度も転げ落ちそうに。

途中所々でバスが待機しているのでそれに乗ればよかったんですが、せっかく自分の足で登ったんだから自分の足で下りたい。

満身創痍で下り終えた時は何もやる気なし。
もうPM4:00を回っている、早く寝床を確保しないと。
m_FH020029.jpg
逃げるように石段を後にする。

R218から松橋でR3に乗り換え八代に向かう。
カプセルホテルは無さそうなので海水浴場を探してみると女ノ島海水浴場と言う所がある。
きっと良い所に違いないと妄想しそこに向かう。

キャンプ場が見つからないので、勝手に駐車場にテント設営。
食料が底を着く・・・