So-net無料ブログ作成

東西南北隅に立て!その97 潮時 [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年7月25日 晴れ

四万十はいささかがっかりだったが気を取り直し足摺岬へと向かう。
県道で中村に出てR439、R56でR321に乗る。
m_FH030002-316f7.jpg

土佐清水で県道に乗り足摺岬。
m_FH030003-9ec7e.jpg
m_FH030004-04429.jpg
m_FH030005-51697.jpg
m_FH030007-cb953.jpg

確かに綺麗な水なんだが北海道や沖縄と比べると「いかにも感」が漂う観光地のような気がしてならん。
もちろん北海道にも沖縄にも「いかにも感」漂う場所はたくさんあるのだが、どこかが違う。
特に南国ムード、沖縄行った後ではちょっと偽物(失礼です)っぽい。

東西南北の隅には立った事だし、この旅もそろそろ終わりにするか。


さあ、帰ろう。


R32に戻り宿毛へ。R56で一気に松山、一人キャノンボールの復活。

疲れを癒すべくビジネスホテルへ。
m_FH030008.jpg
素泊まりの帝王復活。



東西南北隅に立て!その96 最後の忘れ物 [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年7月25日 晴れ

夜中テトラポットと間違えられるわ花火バンバンやられるわコンクリの上だから熱持っちゃってテントの中暑いのなんのってありゃしない。寝れねーよ!

と思いながら結構寝た。
そして朝日と共に起き、うだうだしながら出発。

まずは坂本龍馬さんにご挨拶。
m_FH020029-cd41e.jpg
m_FH020030-822ae.jpg

市街に出てR56に乗る。
四万十を目指し突っ走る。
m_FH020031-f0d4a.jpg
窪川でR38(?)に乗り四万十川
m_FH020032-3911f.jpg
最後の清流をさかのぼってみる
m_FH020033-2a9a6.jpg
m_FH020034-dfaf2.jpg
m_FH020035-7779e.jpg
m_FH020036-1058c.jpg
手付かずの清流と聞いていたが途中コンクリで整備だか補強だかしてるとか。
ま、こんなもんだろ。

25日後編へ続く




東西南北隅に立て!その95 吹く風虚しく [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年7月24日 晴れ

朝日を浴びたテントの中は暑い事暑い事。季節は夏なんだなぁ。

で、県道にて早速「1番さん」こと霊山寺に行く。
m_FH020019-3f1c3.jpg
まるで祭りの如く幟が立ち並び、派手な彩色の装飾を見て一気に熱が冷めた。

続く2番さんも同様・・・

八十八か所巡りは止めだ、観光地化し過ぎだろ。つまらん。

適当に走りR11に出る。
m_FH020021-4ac32.jpg
徳島でR55に乗り突っ走る。
m_FH020023-7fb6f.jpg
m_FH020024-4ec2d.jpg
室戸岬もサラッと流す。
m_FH020025-1d19b.jpg

中岡慎太郎さんに挨拶して
m_FH020026-121d8.jpg
高知に入る。

そして桂浜のどこかでテントを張る。
m_FH020028-04a4e.jpg
コンクリートの上って不安定だな。

四国九州を回ってから沖縄へ行った方が良かったかなーとつくづく思う1日でした。





東西南北隅に立て!その94 そして四国へ [バイク]

1991年9月、会社を辞めてもう1度旅に出ました。忘れ物を探しに・・・

1992年7月23日 晴れ

朝起きて分かったがとんでもない所にテントを張っていた
m_FH020017-3eaf8.jpg
何となく隅っこに張っておいて良かった。下手すりゃ轢かれてたな。

R2に戻り日陰のある適当な所でハガキを書く。
倉敷でR430に乗り換え海沿いの道に出る。本当は瀬戸大橋渡ろうかと思ったが止めてそのまま玉野へ。

フェリーにて四国は高松上陸。
銀行で金を下ろしR11で鳴門へ。市街地を抜け岡崎海水浴場で勝手にテントを張る。
m_FH020018-9a656.jpg

明日から八十八か所巡りだな。